人に嫌われるのが怖い。人と疎遠になるのが怖い。とても悲しいことだよ。

嫌われたくないから人に優しくして、それはただ臆病なだけなのに優しいねとか気が利くねとか、私は自分のことしか考えてないのにそんな暖かい言葉が胸に刺さる

総武線から隅田川スカイツリーを眺めて、今を生きているなと思っています。

時の流れに身を任せ過去を見ずに生きていたのにかぐや姫の物語を観て人生の違和感が復活した。金曜ロードショーで観て未だに余韻が抜けない。

 

ずっと変わらないもの、変わってはいけないもの。

都会で華やかな生活なんて要らない。欲に塗れた下品な人間たちが気持ち悪い。

 

性差なんてないところに行きたい、自然豊かな桃源郷に逃げたい、穢のない世界に戻りたい。

睡眠薬を3週間ちょっと分貰った時、あぁやっと死ねるって思った。

でも私の周りには優しい人が沢山いて助けられてばかりで結局死ねなかった。死にたくなかった。

私は弱いので、恋人を作った。

それでも、異性の友達にお前が隣に寝ててもなんの感情が生まれないって言われた言葉が心の奥に残っていてる。

彼への罪悪感と異性とのプラトニックな関係性が何時迄も続かないことを分かっているから、葛藤して泣きなくなる。

死にたい死にたい死にたい過呼吸つらい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい

死ねないみたいだ。死のうとした瞬間に、死ねない希望が見えた。もう少し生きてみようと思う。こんな人生も悪くないのかもしれない。落ち着いたら、ブログもやめよう。