日記

12月14日

初めての服屋でのアルバイト。元々服が好きだから色々勉強になることが多かった。あと、結構心理的な仕事なんだなって知って少し楽しかった。

慣れない場所で周りも男の人ばかりで精神的に疲れてしまったから通院して以来初めて睡眠導入剤を使わずに眠った。

近くの神社に落ち葉が沢山落ちてて冬を感じた。

f:id:shugasuicide:20171216200959j:image 

 

12月15日

忙しさに身を任せてなにも考えないようにしている。けれど、そんなことは意味がなく頭の中でぐるぐるぐるぐる色々なことを考えてしまって死んでしまいたい気持ちが消えない。

予定の間に暇ができたので渋谷の喫茶店に行った。近くにいた男女2人組の女の子の方が馬鹿みたいな喋り方でずっと1人で話していて私みたいだなって思って哀しくなった。

f:id:shugasuicide:20171216200456j:image 

焼肉屋のアルバイトで、何処かの会社の集団が宴会しに来ていたのだけれどとてもうるさくて身内だけの盛り上がりに他人を巻き込んでいる感じがすごく嫌だった。自分の属する小さな世界で楽しんでイキっている人間は私は嫌いだ。ほんとに嫌で、働くようになったら私もこうなるのかなって思って余計苛立って泣きたくなった。焼肉屋のバイトはお客さんにいっぱい怒られることが多くて本当につらい。私はいつでも人に嫌われやすくて存在だけでも気に触る人間なんだなって昔からずっと感じている。焼肉屋のアルバイトは人が良くて辞めるの残念だけどそれ以上に耐えられなかった。私、よく人に去られると思ってたけれどいつも逃げ出しているのは私の方ばかりだなと気づいて、だから気づいた時には周りには誰も居なくなっている。

 

12月16日

ヴィヴィアンの靴下が失くなっていて、自分でもわからないのだけれど何かの糸がぷつんと切れたように涙が止まらなくなった。泣いて泣いて嗚咽が止まらなかった。多分ヴィヴィアンの靴下なんてどうでも良かった。泣きじゃくりたい理由が欲しかった。明日予定を入れたのにドタキャンされてとことんツイていないと思った。その日のちょっとした嫌なことにも耐えられなかった。生きるのがとてもつらい。