日記

3月2日

ライブ。心が充たされた。

お酒を飲んだ勢いで自分のことを話してまだダメだなって後から悲しくなった。感情ないとか言われるけれど人間なんだねって言われて?ってなった。

 

3月3日

嫌な気分だった。本当につらかった。バイト中ずっと死にたいと思っていた。今日帰ったら死のうとかずっと思ってた。今の生活がきつくてお金もないしアパレルというバイトが自分に向いてないのか難しくて、4月から就職先で軟禁されて働くのかと思うと心が苦しくて気持ちにゆとりが持てなくてずっとこの先もこんな生活が続くのかと思うと本当につらくてどうしようもなかった。卒業が決まってお母さんに連絡したら残り少ない学生生活を大切にしてねって来て、お父さんがおめでとうってお金をくれて就職したらなにか買ってあげるからねって言ってくれて嬉しくて、お礼を言うのは私の方なのに上手く伝えられなくて就職するまでに死のうなんて思ってることにすごくすごく罪悪感を感じて、それで私はどうしても死にたくて死んじゃだめなんだなってなにかに縛られているみたいで苦しかった。親も素敵で友達もバイト先の人たちにも恵まれているのになんで虚無が消えないのだろう。どうして疎外感を感じて孤独だと思ってしまうのだろう。死にたくないけど生きたくもない。つらい