夢日記

高校時代の夢を見た。

多分文化祭のような感じだった。

ダンスを踊って、ファッションショーをして、周りがみんなから賞賛されてる中で誰の目にも留まらず無視され続けていた。

自分は空気のようで存在しているはずなのに存在していなかった。幽霊みたいに其処に居るのに端からみんなを見ることしか出来なかった。

とても悲しかった。