日記

3月17日

朝起きて死にたいと絶望してずっと泣いた。分からないけど、死にたくて死にたくて生きるのが怖くて涙が止まらなかった。

家で夕食を食べて吐こうと思ってトイレに行ったけど吐けなくてずっと嘔吐いていた。吐けないのに唾液と鼻水と涙が止まらない。家族がいる家で吐いていいのか迷ったけれど吐きたかった。多分母親が近くに居て嗚咽や咳の音がずっと聞かれていたと思う。まずくて吐いてるのかなとか思われていたら嫌だなって思って余計泣いた。

明日は卒業式だ。父と母が嬉しそうにあれこれ話をしたり靴を磨いたりしてくれて死にたくないと思った。というより死んだらだめなんだなって思った。ずっと子供のままで居たい。またパパとママの子供になってお兄ちゃんが居て、あの頃の絶対的な幸せを、暖かくて誰かに守られている子供時代を、一生ループしていたい。

 

最近買った本。よるのふくらみ、良かった。

f:id:shugasuicide:20180317221206j:image